FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

石膏ボードの黎明と現代日本の実情

「石膏ボードの黎明(れいめい)と現代日本の実情」


b0710 (8)

ドライウォールというと、クロスを使用しないで塗装で仕上げる内装だと考える人が
多いが、実情は異なる。
現場で防火性のある石膏プラスターや漆喰を厚く塗り、乾燥させる『湿式』の左官仕
上の壁に対し、既成の石膏ボードを用いて『乾燥時間の必要のない』壁を乾式壁工
法、乾いた壁、つまりドライウォールという。クロスや塗装は、その上の表面仕上げ
の方法に過ぎない。

漆喰壁に対しての石膏ボードを用いるメリットは、主に工期の短縮にある。今でこそ
ドライウォールは工法として洗練されているが、開発された当初はボードの繋ぎ目は
そのままで、曲線壁も作る事が出来なかった。消費者は、安普請(やすぶしん)の石
膏ボードより従来の左官仕上の壁を好んだ。従って、石膏ボードは、当初は、デザイ
ンがあまり重要とされない、軍事用途として使われた。乾燥時間の必要としない石膏
ボードの特性が、基地建設の工期短縮という需要に合致したのである。

戦後、ドライウォールの工法は改良されていく。複数枚の石膏ボードで構成された壁
を、一枚の壁に見せる方法(つなぎ目を目立たなくさせる方法)が考案されると、例
えば仕上がった壁を見た時に、従来の左官仕上で作られた壁とついに見分けがつかな
くなった。かくして、住宅にも石膏ボードが導入されるようになり、ドライウォール
は主流となった。

住宅においてのおおまかな石膏ボードの黎明(れいめい)は以上である。

設計、施工において重要な事は二点ある。

1.燃えるもの「木」は、燃えないもの「石膏」で覆う必要があるということ[耐火被
覆]。
2.石膏ボードは出来うる限り大きいサイズのものを使用し繋ぎ目は極力少なくするこ
と。

ひとつめの耐火被覆は、木造建築の大原則である。前述のようにアメリカの木造建築
においては古くは石膏プラスターや漆喰で被覆されていた。我が国、日本の木造建築
は世界でも類を見ない高度に洗練されたもの、とイメージを抱く方が多いと思うが、
残念ながら火災対策においてその水準にあったとは言い難く、しばしば過去に大きな
火災に見舞われている。古く江戸時代は、一軒の失火で町が燃えつくされ、戦時中
は、焼夷弾(しょういだん)で町が燃え尽くされている。特に木構造があらわしとな
る真壁、草葺屋根(くさぶきやね)は火災に弱い。ちなみに火に強いはずの瓦も地震
時はずれ落ちてしまってその意味がなかったが、地震による火災と平時の火災は異な
るので、今回は平時の火災のみについて書こうと思う。

そもそも、今更書くまでもないが、木は燃えやすい。大手ハウスメーカーの○○ホー
ムはwebの広告で、軽量鉄骨構造との比較で、火災時の木構造の優位性を説いている
が、意図的なミスリードのように思う。同じく、『昔ながらの家づくり、伝統復古、
本物』等の美辞麗句で、石膏ボードをあたかも不健康なもののように扱い、木構造を
内外装にあらわす提案や志向を散見するが、特別な防火対策なく首都圏の住宅密集地
でこれを行うのは、殆ど犯罪行為に近いとも思う。大津波の危険性や歴史を知りなが
ら、海の近くの土地を開発した愚行に似る。とにかく、木材は火に弱いから、燃えな
いもので被覆する必要がある。木造建築ではこれは鉄則、過去からの教訓でもある。

ふたつめのボードの繋ぎ目を極力少なくする理由は、繋ぎ目が防火上の弱点であると
いう事と、そして石膏ボードの割れの防止のためである。防火上の弱点である理由
は、例えば、軸組の省令準耐火構造の資料だが、横浜市都市整備局が発行している木
造2階建 準耐火建築物「設計・施工のポイント」に以下の記載がある。

『石膏ボードの繋ぎ目に当て木のない場合は、発火後1分ほどで壁内部へ炎が貫通を
始め(中略)大きく延焼し始めた。防火被覆の継目に隙間が無い施工であっても、裏
側に当て木がなければ容易に燃えぬけてしまう。』

この文章は、石膏ボードの繋ぎ目の当て木の重要性を説くものだが、同時に石膏ボー
ドの繋ぎ目が、防火上まるでアキレス腱のように弱点である事も示唆する。どんなに
隙間をなくした丁寧な施工であっても、石膏ボードの繋ぎ目から構造体の木材へ炎が
入り込んでしまう。つまり、石膏ボードは出来うる限り大きいサイズを使用し、極力
繋ぎ目を無くす事が理想なのだが、しかし、多くの日本の建築現場では壁にこそ3×8
版、3×9版が使われているが、天井となると最も小さい3×6版を用いるのが実情であ
る。これから家づくりをされる方は、この現状をどのように感じるだろうか。フラッ
ト35の枠組壁工法住宅工事仕様書でも、『天井張りに用いるせっこうボードは、4'×
8'版、3'×9'版又は3'×12'版とする。ただし、やむを得ない場合は、3'×6'版とす
ることができる。』の記載がある。『やむを得ない』のが標準化しているならば、そ
れはもう『やむを得ない』ではないのではないだろうか。一石を投じたい。

また、石膏ボードの割れは、その殆どがボードの繋ぎ目に発生する。原因は、構造の
木材の乾燥収縮や沈み込み、地震の際の揺れのストレスにより、構造的に弱いジョイ
ント部に、荷重としてずれるような力がかかるからである。大きなサイズを使えば1
枚だけで施工出来たところが、複数枚使ったために割れてしまう。割れはそのまま表
面のクロスにも表れる。美観の上でも防火の上でも良いものではない(つづく)。


輸入住宅|ブルースホーム湘南|神奈川
Tel:0466-90-3300
Mail:info@goodyhomes.com
Web:http://goodyhomes.com/
Facebook:https://www.facebook.com/BruceHomeShonan
RoomClip:https://roomclip.jp/myroom/917095
instagram:https://www.instagram.com/bruce_home_shonan/
拍手する
スポンサーサイト

H様邸 パネル工事 part2

b20160808パネル工事(1)
b20160808パネル工事(3)
b20160808パネル工事(7)
b20160808パネル工事(13)
b20160808パネル工事(15)


輸入住宅|ブルースホーム湘南|神奈川
Tel:0466-90-3300
Mail:info@goodyhomes.com
Web:http://goodyhomes.com/
Facebook:https://www.facebook.com/BruceHomeShonan
RoomClip:https://roomclip.jp/myroom/917095
instagram:https://www.instagram.com/bruce_home_shonan/
拍手する

H様邸 パネル工事 part1

b20160806パネル工事(1)
b20160806パネル工事(4)
b20160806パネル工事(5)
b20160806パネル工事(7)
b20160806パネル工事(9)
b20160806パネル工事(13)


輸入住宅|ブルースホーム湘南|神奈川
Tel:0466-90-3300
Mail:info@goodyhomes.com
Web:http://goodyhomes.com/
Facebook:https://www.facebook.com/BruceHomeShonan
RoomClip:https://roomclip.jp/myroom/917095
instagram:https://www.instagram.com/bruce_home_shonan/
拍手する

T様邸 遣り方出し

160805遣り方出し (4)1
160805遣り方出し (6)6
160805遣り方出し (11)2
160805遣り方出し (8)7


輸入住宅|ブルースホーム湘南|神奈川
Tel:0466-90-3300
Mail:info@goodyhomes.com
Web:http://goodyhomes.com/
Facebook:https://www.facebook.com/BruceHomeShonan
RoomClip:https://roomclip.jp/myroom/917095
instagram:https://www.instagram.com/bruce_home_shonan/
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。